家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド

家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド

基礎と土台

建築物の荷重を地盤に伝達する重要な役割を担っているのが基礎で、基礎が接する地盤を整備することを地業と呼んでいます。
地業には、割栗石などを長手方向を垂直に積んだり並べて敷き詰め付き固める割栗地業と、砂利を突き固める砂利地業があります。
地業の後は、捨てコンクリートを打設します。
基礎には、布基礎、べた基礎、独立基礎があり、木造住宅では布基礎が一般的で、フーチングがあるものとないものがありますが、2階建ての戸建て住宅ではフーチングを付けることが一般的です。
木材を特設地面に放置すると、シロアリ被害や腐朽などの問題が生じるので、土台はコンクリートの基礎の上に据え付けることが必要です。
また、地盤が悪い敷地や、地盤の一部が盛土になっており地耐力が異なる場合は、不動沈下が起こることがあるので、基礎は鉄筋コンクリートにする必要があります。
布基礎は、周囲を完全に囲ってしまうと床下の湿度が高くなるので、基礎の一部に換気のための穴をあけ、床下の換気を良くします。
しかし、基礎に穴をあけるとその部分の強度が弱くなるので、基礎のコンクリートには穴をあけずに打設する方法もあり、その場合は、基礎と土台の間に小さいプラスチックやゴムなどで隙間を作って換気します。
これをネコ土台といいます。
基礎の上部は、木製の構造体になり、地震や台風時に基礎と構造体がずれたり浮き上がらないように、基礎と土台はアンカーボルトで緊結します。
また、1回の床の剛性を高めるために、土台が交わる隅角部分に火打ち土台を取り付けて水平構面を作ります。
土台は、シロアリ被害や腐朽菌の害を受けやすいので、ヒノキやヒバのように耐久性の高い良質の木材を選び、防腐剤を塗布しておきます。
建築基準法でも、地面から1m以内の柱や土台、筋かいには、防腐措置を講じなければならないと定められています。
また、浴室では、水のかかりやすい腰壁は基礎を立ち上げ、土台を湿気から守る必要があります。

Copyright (C)2017家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド.All rights reserved.