家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド

家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド

在来軸組構法とは

日本の戸建て住宅で主流になっている在来軸組構法とは、複数の木構造の中でも代表的な構法です。
木造の架構体は基礎、軸組、床組、小屋組からなっており、接合部分には木構造の特徴があります。
木構造の柱と梁の構造では、大きな地震の力や風圧による水平力を受け、接合部分が変形してしまいます。
これを防ぐために、構造体の接合部分からななめに筋かいを入れ、他方の接合部分に向かって伸ばし、変形しにくい三角形を形成します。
最近では、筋かいの代わりに柱と梁に構造用合板などの強度に強いボードを張り、合成のある壁体にする木構造もあります。
また、水平力を体力壁に伝達するためには、水平面の床にも剛性が求められることになります。
そのため、水平構面を作る必要があり、従来は水平面のコーナー部分が変形しないように、床に剛性を持たせるための火打ち土台や火打ち針を入れていましたが、今は、床下地に使う構造用合板などのボード類により水平剛性を高めています。
梁と根太の上端をそろえ、合板を打ち付ければより効果が上がる仕組みになっているのです。
木造の戸建て住宅を施工する工程は、先ず、設計図から柱や梁などの構造材を拾い出し発注します。
加工場では、接合部分の処理だけが行われ、現場では並行して地業や基礎工事が行われます。
標準的な住宅で1日あれば構造体が建つのは、前準備があるからなのです。
その後、屋根工事、配管工事、木工事、外装工事、内装工事が順に行われます。
水を使った湿式構法と水を使わない乾式構法がありますが、湿式構法は乾燥に日数を要するので、工期短縮が求められる場合は、乾式構法が採用されています。
軸組構法の構成は、基礎、軸組、床組、小屋組から成っており、基礎には建築物の果汁を地盤に伝達する重要な役割があり、鉄筋コンクリートが望ましく、軸組は、土台、柱、梁、動作し、筋かいで構成され、外力や自重を基礎と地盤に伝達する役割があります。
床組は、1階と2階以上ではその構成が異なります。
1階床は、大引、根太、床束、火打ち土台、土台により構成されており、1階床の特徴は、直下の地面が床組を直接指示できることにあります。
そのため、床組の部材には大きな断面の部材を使用する必要がありません。
2階の床組は、梁、根太、火打ち梁で構成されており、2階の床組を支持する柱が1階に少ない場合は、大きな断面の梁が必要になります。
小屋組みは、小屋梁、母屋、垂木、火打ち梁、屋根に傾斜をつけるための小屋束で構成されています。

Copyright (C)2017家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド.All rights reserved.