家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド

家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド

木質の材料

木材の原形からは、単板(べニア)、木削片(ウエハー、ストランド)、ひき板、小角材、繊維といった様態に加工し、新たな性能を持った木質材料が作られています。
最近では、製材品のほかに、構造用や下地用としても利用されており、製材品、合板、集成材、単板積層材(LVL)、パーティクルボード、ファイバーボード(繊維板)、ウエハーボード(WB)、パララム(PSL)、配向性ボード(OSB)などの種類があります。
製材品とは、原木丸太を一般に使用される規格の製品を割ったもので、戸建て住宅には合板などの材料を用いられることが多く、単板(べニア)を奇数枚重ね合わせて接着剤で圧着したもので、繊維の方向を直交差させて重ねることで、材の均質性を図っています。
単板には、原木を回転させてはぐロータリー単板と、平削りした単板の2種類があります。
集成材は、ひき板(ラミナ)や小角材を繊維方向に重ね合わせ接着した木質材料で、化粧用と構造用があります。
化粧用集成材には、表面を加工せず、そのまま仕上げ材になるものと、表面に1mm程度の突板を張り付けるものがあります。
表面加工をしていない集成材は、主に戸建て住宅の階段の段板、手すり、家具やテーブルの天板、造作材に使用され、木材の種類は主に広葉樹のナラやタモ、カバなどが使われています。
表面加工した集成材は、和室の柱や鴨居、長押しなどに使用され、ベイマツ、スギ、カラマツが主に使用されています。
単板積層材(LVL)は、ロータリー切削された単板を繊維方向に揃え積層し、接着剤で張り合わせたもので、構造用や造作用などに使用されています。
合板との違いは、積層するときに繊維方向を直角にせず平衡にすることで、大きな梁や曲がった梁、木製の複合梁などに使用される構造用として、LVLの表面を化粧突板で張った長押や敷居、鴨居などに使用されています。
パーティクルボードは、木材チップを成形熱圧したもので、家具や電化製品などに使用されることが多く、ファイバーボードは木材を繊維の状態にして成形熱圧し、自動車内装用の他にも広く使用されています。
ウエハーボードは、木材を薄く不規則に重ね、屋根下地や壁下地、床下地として使用される構造用パネルとして使用されています。
パララムは、繊維方向に紐状に細長く裁断したものを接着剤で繊維方向に接着成形したもので、配向性ボードは、木材の長さが幅の2倍以上の細長い削り片を繊維方向をそろえて配列し、接着剤で加工・成形したボードのことです。

Copyright (C)2017家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド.All rights reserved.